着物を少しでも高く売りたいなら買取業者の選び方は大切!

着物を持っているけれど、自分で着ることができないので処分したい、着なくなったという人はいませんか。
親が着物を持っているけれど、高齢のため着なくなったから処分したいということも良く耳にします。

 

しかし、数十万円、数百万円かけて購入した着物を、簡単に手放すのはもったいないです。
そんな人のために、着物買取業者の選び方についてお話しましょう。

 

着物の買取業者の種類

着物買取業者には、いくつかの種類があります。まず、着物を専門に買取をする業者、着物の他にもバッグや貴金属を買取する業者がいます。

 

また、買取の時に、「自宅に訪問して査定してくれる」「着物を箱に入れて送付することで、査定してくれる」「店に持って行って買取の査定をしてくれる」といった業者があります。いずれもメリット・デメリットがあります。業者を決める時に選ぶ基準にしましょう。

 

着物の買取業者のメリット・デメリット

自宅に来る買取業者は、わざわざ荷物を持って行く手間がないだけでなく、その場で買取を決めたり、断ることができます。
箱に入れて送付することで受け取ってくれる業者は、他人を家に招き入れることなく、査定をお願いすることができます。
キャンセルする時は、送料が自己負担になりますので、気を付けましょう。
持って行って査定をする方法なら、他人を家に招き入れることなく、自分の目で直に査定の様子を見ることができます。
それぞれ、メリット・デメリットがありますので調べて利用しましょう。

 

また、業者のほとんどは無料で査定をしてくれます。複数の業者に無料で査定してもらうことも一つです。

 

買取業者を決める基準

買取業者の情報はなかなかわかりません。中には、テレビなどに出ているけれど、実は評判が悪いということもあります。
そこで、買取業者の中で基準を見分けるポイントです。

 

まずは、着物を買取してもらう前に「質店」に持って行くと、基準となる金額がわかります。質店は買取が専門ではないため、お金を貸すことを前提に本当の着物の価値を決めてくれます。買取業者の中には、適切ではない価格で買い取ることもあります。気を付けましょう。

 

買取業者にお願いする時に注意すること

着物の中には、製作者の「名」が入ったものがあります。しかし、そのための印や箱、証書などがあれば用意しておきます。

 

証書や印があると、買取価格はかなり高額になります。たとえ有名な作家の作品でも、こういったものがないと価格が下げられてしまいます。そのため、着物を購入した時の箱や証書は、必ず取っておきましょう。

 

着物そのものの保管状態も重要になります。しみや虫食いは買取金額が下がりますので注意してください。

 

口コミは複数のサイトを見る

最終的に買取業者を決める時は、複数の口コミ情報を見ましょう。中には、業者の依頼で口コミを書いているサイトもあります。

 

色々な業者を比較している複数のサイトを見て、比較をしてみましょう。

 

実際に利用したことがある人がいれは、直接聞いてみるのも一つです。

 

着物買取業者の選び方まとめ

着物買取は自分が思っているよりも低額になります。数十万円で購入したものでも、数百円になることが普通です。

 

複数買取価格を見てもらったけれど、あまり高額にならないこともあります。しっかりと理解してから、査定をお願いしましょう。